HOME>記事一覧>お菓子作りの学校へ行くと、どのような内容になっているのか。

お菓子の学校を利用する目的について。

コック

パティシエになるための専門学校では、シンプルな名前でパティシエ科という学科があったりします。パティシエ科は、例えば、2年制であったり、定員が40名程という場合があります。時間は、9時から14時を少し過ぎる程度のカリキュラムであることがあるそうです。やはり、このような学校に行く目的としては、お菓子作りの職業に就きたいということや経験として学んでみたいから、楽しそうだからという理由が多そうですが、如何でしょうか。職業として将来的に役立てたい場合もそうでない場合も、きっと思い出深い、意味のある空間となることもあるのではないかと思います。

お菓子の学校の活用方法について。

調理師

和菓子や洋菓子を作るための技術を習得することで、製菓衛生師の資格を取ることができることがあるので、資格を取るために、パティシエの専門学校を利用することも、1つの活用方法ではないでしょうか。勿論、ただ単に、楽しい思い出作りや良い時間を過ごしたいからという理由の場合もあるでしょうが、多分そうであっても、お菓子作りに興味があり、お菓子作りを楽しみたい気持ちから、入ることを決める場合も多いでしょう。基礎と理論を学び、技術的にも磨きをかけることは、プロになる場合にも活かせます。洋菓子の基本、和菓子の基本などをそれぞれ学べるコースもあります。製造の工程を理解して、機器に加えて道具の取り扱いの仕方も学べます。

広告募集中