HOME>アーカイブ>厚生労働省に認められた施設なので信頼できる
コック

福祉施設や病院や会社などで実習

和食、洋食、中華など食の仕事をするなら厚生労働省に認められた調理のコースがある高校へ入学することをおすすめします。調理のコースがある高校を卒業すると調理師の免許を取得することができます。調理のコースがある高校では、資格を保有していて経験豊富な講師は基礎から丁寧に指導してくれます。授業は少人数制で料理の作り方から服の着用方法やマナーや清掃などを教えてくれます。また福祉施設や教育機関やや病院や会社などで、生徒が力を合わせて食事をつくることで実践的な力をつけていきます。それから食事をつくる上での重要な栄養学について詳しく学んでいきます。また専門調理師などの受験ができる特典もあります。

1流ホテルや食品会社に就職

調理師のコースがある高校では、栄養学、食品衛生学、調理理論、食品学などの専門科目だけでなく国語や英語や数学や地理歴史などの一般科目も学ぶことができます。また調理師免許以外にもサービスやビジネス関係の資格や漢字検定や英語検定などの資格も取得することができます。そして卒業後は、1流ホテルや伝統のある旅館や食品会社や料亭などに就職することができます。また調理や製菓の専門学校や大学へ進学する生徒も大勢います。

説明会を開催

調理のコースがある高校では学園生活を充実させるために授業だけでなく、修学旅行や文化祭、体育祭などの様々なイベントがあるので楽しく過ごすことができます。またクラブ活動も盛んでテニスや柔道などのスポーツや美術や音楽や書道などの文化系のクラブもたくさんあります。調理のコースがある高校では、受験を希望している方のために、定期的に説明会を開催しています。実際に高校を見学して雰囲気を知り、質問があれば聞いてみるといいです。

広告募集中